ウェブアクセシビリティ

家族のイラスト

ウェブアクセシビリティ対応方針

「社会福祉法人 川崎市社会福祉協議会」のウェブサイトを利用する全ての人が、身体的制約や利用している環境に関係なく、利用しやすく、必要な情報が得られるように、「JIS X 8341-3:2016 高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」に対応することを目標とし、アクセシビリティ・ユーザビリティの確保と向上に取り組みます。

対象範囲

「社会福祉法人 川崎市社会福祉協議会」のウェブサイト全体 <https://www.csw-kawasaki.or.jp/>のドメイン配下においてコンテンツマネジメントシステム(CMS)機能を用いたウェブページ

対象範囲から除くもの

目標とする適合レベル

JIS規格(日本工業規格)「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス- 第3部:ウェブコンテンツ」(JIS X 8341-3:2016)のレベルAAに準拠。

JIS X 8341-3:2016に基づく試験結果

タイトル・表示の形式について

  • 階層や各ページを示すパンくずリストを設置しています。
  • 各ページに「社会福祉法人 川崎市社会福祉協議会」ロゴを表示させ、「社会福祉法人 川崎市社会福祉協議会」トップページへリンクさせます。
  • 他のページへの移動手段としてサイトマップと検索窓を各ページに提供します。

リンクについて

リンクの開き方については次の通りです。
  • 当ホームページ以外のウェブサイトへのリンクは原則別ウィンドウで開きます。
  • PDFファイル別ウィンドウで開きます。
  • Excelファイル、Wordファイルはダウンロードされます。
川崎市社会福祉協議会ホームページで使用しているアイコン
別ウィンドウで開きます
:別ウィンドウアイコン
:PDFアイコン
:Excelファイル
:Wordファイル

文字サイズの変更

川崎市社会福祉協議会ホームページにおける文字のサイズは、ブラウザの機能を利用して変更できるようにします。
※ブラウザの機能を利用した場合、当ホームページ以外のウェブサイトの文字サイズも変更されます。また、御覧いただくサイトによっては、文字サイズが変更できない場合があります。

閲覧支援

閲覧支援機能のご案内

当ウェブサイトを快適にご覧いただくための閲覧支援機能のご案内です。
※お使いのデバイスやブラウザ、および閲覧環境によっては、ご案内した機能をご利用になれない場合もございますので、あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。
画面、文字の大きさ変更について
お使いのブラウザの機能を使って、画面、文字の大きさ等を変更することができます。ご利用ブラウザごとの手順については以下の説明をご覧ください。
Google Chromeの場合
画面右上のメニューボタンより表示される項目の「ズーム」から画面大きさを変更できます。
Microsoft Edgeの場合
画面右上のメニューボタンより表示される項目の「ズーム」から画面大きさを変更できます。
音声読み上げ等の機能について
リードスピーカー(ReadSpeaker webReader)
ページ上の音声読み上げアイコンをクリックすると、リードスピーカーが起動し、あらかじめ指定された範囲の文章を自動的に読み上げます。読み上げを行いたい文章をマウスで範囲選択し、読み上げボタンをクリックすると、範囲選択された部分だけを読み上げます。
※読み上げ機能は、合成音声による自動音声読み上げのため、人名、地名、固有名詞、略語など、正しく読まれない場合がございますので、あらかじめご了承ください。
リードスピーカーボタンの画像
読み上げボタンをクリックするだけで、Web ページを聞くことができます。
リードスピーカーボタン詳細の画像
オーディオプレーヤーが表示され(下の画像を参照)、webReader が Web ページのテキストの読み上げを開始します。
プレーヤーでは、次のことができます。
リードスピーカー読み上げを一時停止するボタンの画像
:読み上げを一時停止する
リードスピーカー読み上げを再開するボタンの画像
:読み上げを再開する
リードスピーカー読み上げを停止するボタンの画像
:読み上げを停止する
リードスピーカー読み上げを最初から再開するボタンの画像
:停止ボタンを使用した後は、読み上げを最初から再開する
リードスピーカー音声を巻き戻すボタンの画像
:スキップボタンを使用して音声を巻き戻す
リードスピーカー音声を早送りするボタンの画像
:スキップボタンを使用して音声を早送りする
リードスピーカー音量を調整するボタンの画像
:音量を調整する
リードスピーカー読み上げ速度を調整するボタンの画像
:読み上げ速度を調整する
リードスピーカープレーヤーを閉じるボタンの画像
:プレーヤーを閉じる
Microsoft Edgeの場合
画面右上で右クリックメニュー項目の「音声で読み上げる」からWebの音声読み上げが開始されます。Microsoft Edgeにはアクセシビリティ機能が搭載されています。
Adobe Acrobat Reader DCの場合
PDFの音声読み上げ方法(チラシデータ等を除く文章PDFが該当)

「読み上げ」機能を起動するには:
  1. 表示メニューで、読み上げ/読み上げを起動を選択します。
  2. 再度、表示/読み上げを選択して、読み上げの適切なオプションを選択します。
    • 現在のページを読み上げるには、「このページのみを読み上げる」を選択します。
    • 文書全体を読み上げるには、「文書の最後まで読み上げる」を選択します。

今後のウェブアクセシビリティ対応課題

  • 音声ブラウザでの読み上げについては、確認中です。
  • 映像で表現されている内容がある場合について、視覚障がい者等が人の動作や場面などの情報を把握できるよう、音声解説による補足説明をつける対応を行います。
  • PDFの音声読み上げについて検証・検査を実施されてない状況につきましては、今後の課題としてPDFの保存方法等の検証を行います。 現在のPDFは、Adobe Acrobat Reader DCにより一部音声読み上げ可能ですが、PDF化した際のファイル形式により音声読み上げができないPDFがございます。
    ※チラシや、冊子のレイアウトを考慮したPDFファイルについては音声読み上げに該当しません。
  • デジタル庁から「ウェブアクセシビリティ導入ガイドブック」が2023年3月17日に掲載されたことにより、基本はJIS X 8341-3:2016に準じておりますが、次年度以降チェック項目をあらため、ガイドブックに沿ったアクセシビリティ対応の更なる検査と実現を目指します。