平成23年度 川崎市民ボランティアバス活動報告

 東日本大震災により被災地で求められている活動を行うボランティアを支援するため、川崎市社会福祉協議会では、「川崎市民ボランティアバス」の運行を実施しました。
 また、この度の「川崎市民ボランティアバス」には、セレサ川崎農業協同組合様、川崎信用金庫様よりご協賛いただきました。心より御礼申し上げます。

【第一期 8月17日(水)~8月20日(土)】

参加人数…28名(男性:14名・女性:14名)

8月17日(水) 22:00
川崎市民ボランティアバス第1期が出発しました。
出発前の出発式では、川崎市社会福祉協議会の柏木副会長・常務理事と川崎市健康福祉局地域福祉課佐藤課長からの挨拶の後、参加者代表として松島庄吾さんから決意表明がありました。

ボラバス活動報告ボラバス活動報告

8月18日(木) 活動1日目
早朝に岩手県釜石市災害ボランティアセンターに到着し、さっそく活動開始です。
津波によって甚大な被害を受けた唐丹小学校の校庭のガラスや釘などの瓦礫撤去を行いました。初日は天気が悪く、雨が強く降ってきたため、予定より早く活動終了となりました。

ボラバス活動報告ボラバス活動報告

8月19日(金) 活動2日目
引き続き、唐丹小学校の校庭で作業を行いました。校舎近くはガラスなどがたくさん埋もれていたので、掘りおこしながら回収しました。
最後は唐丹小学校の現場監督いわまさんと釜石市災害ボランティアセンター局長矢浦さんよりお話いただき、現地の声を聞くことができました。

みなさま、お疲れさまでした。

ボラバス活動報告ボラバス活動報告

【第二期 8月24日(水)~8月27日(土)】

参加人数…27名(男性:21名・女性:6名)


8月24日(水) 22:00
岩手県釜石市へ向けて、参加者を乗せた川崎市民ボランティアバス第2期が出発しました。
(出発前の集合写真。被災地へ向け、気合は十分!)

ボランティアバス第2期

8月25日(木) 活動1日目
石市災害ボランティアセンターに到着後、ボランティアの受付を済ませ、現地職員からボランティア活動に関する注意事項などのオリエンテーションを受けました。
(長旅の疲れもみせず、みなさん真剣に話を聞いていました)

ボランティアバス第2期

ボランティアバス第2期ボランティアバス第2期
(津波は3階建ての校舎を飲み込みました)

(津波によって破壊された
 校舎)
(全壊した体育館の前に咲く秋桜)(現地の声を聞き、津波の凄まじさを実感しました)
(全壊した体育館の前に咲く
 秋桜)

(現地の声を聞き、津波の凄まじさを実感しました)

8月25日(木)~26日(金)活動1~2日
前期に引き続き、今回も唐丹小学校の校庭において瓦礫撤去を行いました。震災で遊ぶ場所がなくなってしまった子供たちのために、校庭の整備をして野球ができるようにします。
参加者は少人数の班に分かれ、それぞれ協力して作業を行うことができました。

(側溝の泥かき)(割れたガラスを拾い集めます)
(側溝の泥かき)
(割れたガラスを拾い集めます)
ボランティアバス第2期ボランティアバス第2期



ボランティアバス第2期
(無事に作業を終え、みなさん凛々しい表情です。お疲れさまでした!)

【第三期 8月31日(水)~9月3日(土)】

参加人数…26名(男性:12名・女性:14名)

8月31日(水) 22:00
参加者それぞれの思いを乗せて、川崎市民ボランティアバス第3期が出発しました。

第三期ボランティアバス
(出発前の集合写真。これから釜石市災害ボランティアセンターへ
 向かいます)

9月1日(木) 活動1日目
今回の活動場所は、釜石市唐丹町の盛岩寺です。高台にあるこのお寺も津波によって大きな被害を受けました。参加者は3班に分かれ、高台の上と下では瓦礫の仕分け、境内では汚れた書物の清掃作業を行いました。
午後は大雨の為、外での活動は中止になってしまいましたが、全員で境内の清掃を行いました。また、盛岩寺の三宅住職がお忙しい中、当時の様子を話してくださり、改めて災害の大きさを知ることができました。貴重なお話をありがとうございました。

(書物についた泥をきれいに拭きとります) (津波によって境内もめちゃくちゃに)
(書物についた泥をきれいに
 拭きとります)
(津波によって境内も
 めちゃくちゃに)

(小さな一歩ですが、復興への願いを込めて作業をしました)

(いたるところ残る津波の傷跡)(当時の様子を語る三宅住職)
(いたるところ残る津波の傷跡)

(当時の様子を語る三宅住職)

9月2日(金) 活動2日目
2日目は2班に分かれて活動を行いました。1班は釜石市社会福祉協議会が主催する物資の無料配布「青空市」(3日開催)の開催にともなう物資の仕分け、もう1班は靴の無料配布の補助を行いました。
また、釜石市災害ボランティアセンターの矢浦局長より被災した状況や現地の様子等を伺い、“これから私たちには何ができるのか”と考える大切な機会になりました。

(それぞれ協力し、手際良く作業します)(多くの人が訪れた靴の無料配布会場)
(それぞれ協力し、手際良く作業
 します)
(多くの人が訪れた靴の無料
 配布会場)
(ひとりひとりの要望を丁寧に聞きます) (矢浦局長の貴重な体験談に聞き入る参加者)
(ひとりひとりの要望を丁寧に
 聞きます)
(矢浦局長の貴重な体験談に
 聞き入る参加者)
(釜石市災害ボランティアセンターの矢浦局長と一緒に。みなさん、お疲れさまでした!)
(釜石市災害ボランティアセンターの矢浦局長と一緒に。
 みなさん、お疲れさまでした!)

 
page top