11月は「児童虐待防止推進月間」です!!

 児童虐待が社会問題として認識されるようになり、平成12年に「児童虐待防止法」が制定されました。
 厚生労働省が発表した平成26年度に全国の児童相談所で対応した児童虐待相談対応件数は88,931件と過去最多を記録しています。また、子どもの生命が奪われるなどの深刻な事件も後を絶ちません。

 こうした状況の中で、厚生労働省では毎年11月を「児童虐待防止推進月間」と定めています。期間中は、児童虐待問題に対する社会的関心の喚起を図るため、様々な団体や機関が協働して児童虐待防止対策への取り組みを実施しています。

 児童虐待問題は社会全体で解決すべき重要な課題であり、行政・関係機関だけではなく、地域住民の理解と協力が不可欠です。
 皆さんも、児童虐待について、是非考えてみてください。

☆オレンジリボンたすきリレー 2016☆

 10月30日(日)に、都心コース、湘南コース、鎌倉・三浦・横須賀コースでオレンジリボンたすきリレーが実施されます。
 このリレーは、様々な機関・分野で活動されている方々が、子ども虐待防止の象徴であるオレンジリボンをたすきに仕立て、これをリレーしながら走ることにより、心を一つにすれば大きな力になることを示すとともに、子ども虐待防止への市民の関心を高めることを目的としています。また、今回から川崎コース(麻生区~川崎区)が設けられ、児童虐待防止の願いを込めてランナーが走ります。
 当日は中継地点、ゴール地点等でイベントも開催される予定です。興味がある方は、是非お立ち寄りください。
オレンジリボンたすきリレーのホームページへ   



page top