• HOME
  • こどもに関する情報

地域子育て支援事業の推進


少子化、核家族化の進行や子育ての孤立化など、子どもや子育て家庭を取り巻く環境の厳しさは、現在大きな社会問題となっています。川崎市社会福祉協議会では日常の中で子育ての話ができ、子育てを支えることのできる、つながりのある地域社会づくりを推進しております。

孤立した子育てを防ぐため、子育てサロンやサークル、母親クラブへの参加の不安を和らげ、人や機関につなげる、また、声をかけるツールとして、市内の子育てサロン・子育てグループ等に参加されている方からお寄せいただいたメッセージを発信しています。

子育てサロンやサークル、母親クラブに参加されている方からの「参加ママ・パパからのメッセージ」はこちらです。

*子育てサロン
 乳幼児とその親が気軽に集まれるフリースペース
*子育てサークル
 乳幼児を持つ母親同士が定期的に集まり、親子で一緒に遊びや季節の行事を楽しむ自主グループ
*母親クラブ
 子育てサークルのなかでも、地区社会福祉協議会の承認や、町内会・自治会の会員として活動している子育て中の親子の自主グループ

「これからの地域子育て支援事業に向けて 子育てグループ・関係機関活動状況調査 報告(概要)」(平成25年3月発行)(PDF/1.4MB)

1 地域子育て推進事業助成金の交付
 各区社会福祉協議会で行なわれている地域子育て支援事業に対し、活動助成を行っています。

2 各区社会福祉協議会の子育て支援事業
 区社会福祉協議会では、親子や地域住民の交流会や子育てサロン、母親クラブの支援、さらに子育てネットワークの推進やボランティア育成など、地域の特性に応じた活動を実施しています。

page top